障がい者就労継続支援A型とは?

就労継続支援A型で福祉サービスを受けることができる人は、身体障害、知的障害、精神障害、発達障害、難病等を持っている人です。
障害者手帳を持っていることが条件であると思われがちですが、必ずしも障害者手帳が必要なわけではありません。
医師の診断や定期的な通院がある場合などには、障害者手帳がなくても就労継続支援A型の支援サービスを受けることが可能な場合もあります。
なので、お住いの自治体の障害福祉窓口に一度問い合わせてみることをお勧めします。
さらにそれらの人の中でも、雇用契約の内容にもとづいて継続的に働くことができ、就労継続支援A型のサービスの利用を開始する時点で18歳以上65歳未満であるという条件があります。
具体的には就労移行支援事業所を利用したが、一般枠でも障害者枠でも就職できなかった人、特別支援学校を卒業後に就職活動を行ったが就職に結びつかなかった人、一般の企業などでの就労経験はあるが障害や難病等の理由により離職し、現在雇用関係がない人などが挙げられます。
就労継続支援A型事業所で働く人は、労働者かつ利用者として位置づけられ、平成25年10月時点では、約3.3万人の人が就労継続支援A型のサービスを利用しています。
その内訳は、身体障害者が7,261人、知的障害者が13,330人、精神障害者が12,543人です。

障がいをお持ちの方が自分で気付きにくい事

働きたいあなたをサポートします!

私たちは安心して働ける機会を提供し、一人ひとりのニーズに合わせ技術・知識・能力の向上に努め、利用される皆さんの気持ちに寄り添い笑顔あふれる事業所作りを目指しています。

”働きたい”を徹底サポート!!

私たちは安心して働ける機会を提供し、一人ひとりのニーズに合わせ、
技術・知識・能力の向上に努め、利用される皆さんの気持ちに寄り添い
笑顔溢れる事業所作りを目指しています。

サポートの特徴

1.軽作業から始め、”継続する事”で技術と忍耐を習得する
2.規則正しい生活が身に付く様に支援し、”時間厳守の意識”を身に着ける
3.挨拶を通し、人とのふれあいで”温かさ・調和・協調性”を培う
4.支援員との信頼の中から”実社会での就労への不安を取り除く
5.集団生活により”社会での準王政を身に着ける
6.仕事(作業)ができ、認められること(給料)によりやりがいや仕事の楽しさを得てさらに”自分から進んで仕事をする

就労継続支援A型の対象者は?

就労継続支援A型で福祉サービスを受けることができる人は、身体障害、知的障害、精神障害、発達障害、難病等を持っている人です。

障害者手帳を持っていることが条件であると思われがちですが、必ずしも障害者手帳が必要なわけではありません。

医師の診断や定期的な通院がある場合などには、障害者手帳がなくても就労継続支援A型の支援サービスを受けることが可能な場合もあります。

なので、お住いの自治体の障害福祉窓口に一度問い合わせてみることをお勧めします。

さらにそれらの人の中でも、雇用契約の内容にもとづいて継続的に働くことができ、就労継続支援A型のサービスの利用を開始する時点で18歳以上65歳未満であるという条件があります。

具体的には就労移行支援事業所を利用したが、一般枠でも障害者枠でも就職できなかった人、特別支援学校を卒業後に就職活動を行ったが就職に結びつかなかった人、一般の企業などでの就労経験はあるが障害や難病等の理由により離職し、現在雇用関係がない人などが挙げられます。

就労継続支援A型事業所で働く人は、労働者かつ利用者として位置づけられ、平成25年10月時点では、約3.3万人の人が就労継続支援A型のサービスを利用しています。

その内訳は、身体障害者が7,261人、知的障害者が13,330人、精神障害者が12,543人です。

MENU